スポンサーリンク

タイから緊急帰国「隔離もPCR検査もなし」スワンナプーム国際空港の様子

【コロナウイルス】タイのバンコク・スワンナプーム国際空港の様子【非常事態宣言直前】タイ

注:この記事は、2020年3月24日時点のものです。

コロナウイルスの世界的な感染拡大で、
世界的に、空港や国境が封鎖されつつあります。

非常事態宣言が出される直前、
日本に向けて緊急帰国した際の、
タイのバンコク・スワンナプーム国際空港の様子です。

歴史の一端を、記録に残しておきたいと思います。

スポンサーリンク

タイから緊急帰国「隔離もPCR検査もなし」スワンナプーム国際空港の様子

非常事態宣言直前のタイのバンコク・スワンナプーム国際空港の様子

結論から言うと、
2020年3月24日深夜のバンコク・スワンナプーム国際空港は、
予想以上に、多くの人であふれていました。

そして、帰国するにあたって、
大掛かりな検査や、隔離などはありませんでした。

大勢の人であふれていた理由は、
タイからの出国が困難になる前に、
滞在中の外国人たちが、一斉に帰国を始めたからだと思います。

隔離や大掛かりな検査がないのは、
そんなことやってたら、人手が足りないし、間に合わない、
というような印象を受けました。

具体的にどんな雰囲気だったのか、ご紹介します。

タイ・バンコクからの帰国ラッシュ

タイ・バンコクの空港はヨーロッパ人たちの帰国ラッシュ|コロナウイルスの影響

タイのバンコク・スワンナプーム国際空港は、

オーストリア航空
ルフトハンザ
スイス航空

といった、ヨーロッパ系の航空会社のカウンターに、
多くの人が列を作っていました。

ヨーロッパは特に、
コロナウイルスの拡大が深刻で、
都市封鎖や入国禁止の措置を取る国や地域、空港が、
増えてきているためだと思います。

自国に入国できなくなる前に、急いで帰国をしようという人が、
殺到しているような印象でした。

空港に入るときにダブルの検温で、あわや隔離…

空港に入るときにダブルの検温|コロナウイルス防止対策

バンコク・スワンナプーム国際空港に入る際には、
テロ対策としてのセキュリティーチェックと同時に、
2種類の検温もありました。

1つ目は、
サーモグラフィによる検温

カメラの前を通ると、
体温が感知され、モニターに映し出されます。

2つ目は、
おでこにレーザーのようなものを当てて、
体温を測る装置。

レジのバーコードスキャンのようなものを、
額にかざしピッとすると、一瞬で体温がわかる仕組みです。

ぼくは、1つ目のサーモグラフィーの結果、
係員に変な顔をされて、もう一度通るように言われました。

そして2度目もダメで、
さらにもう一度、カメラの前を通り直すように言われてしまいました…

まさか・・・

わあ、このまま別室へ連れて行かれて、

隔離か…

熱もないし、体調も崩していなかったのですが、
覚悟しました。

そして、
さらに何度か検温を繰り返した結果…

大丈夫なようでした(苦笑)

なんか、映像が不鮮明だっただけみたいでした。

ああ、よかった。

コロナウイルス対策の検温|OKの場合はシールを貼ってもらえる

検温の結果、問題がなければ、
写真のようなピンクのシールを貼ってもらい、
“OKだった人目印” になります。

空港内の飲食店は絶賛営業中

マクドナルドの張り紙|コロナウイルスによるタイの飲食店が閉鎖

コロナウイルスの感染拡大防止策として、
この数日前から、
バンコク市内の飲食店は、店内で食べることができなくなりました。

たとえば、
マクドナルドやケンタッキーなどのファストフードも、
店内での飲食は行えず、
持ち帰りのみの営業となっていました。

商業施設が営業中止になった時の、バンコクの街の様子はこちら↓

ところが、
バンコク・スワンナプーム国際空港の中の飲食店は、
中で座って食べることができました。

店内は大にぎわい。

非常事態宣言直前のタイ・バンコク・スワンナプーム国際空港で食べたグリーンカレー

晩ごはんがまだだったので、
日本へ帰国する前に、グリーンカレーとライスを食べました。

値段は、さすがの空港価格。

空港の中 198バーツ→約653円
街の屋台   35バーツ→約115円

味はとても美味しかった。

街の屋台の物価は、こちらをご参照ください↓

タイ・バンコクの屋台の値段|食事や果物の価格が衝撃的だった
タイ・バンコクの屋台での食事の値段はいくらか知りたいですか?この記事では、バンコクの屋台で食べた、朝食、ランチ、フルーツ、おやつなどの値段について詳しくレポートしています。バンコクの屋台でリーズナブルに食事をしたい!値段が気になるという方必見

これが、今回のタイ・バンコク滞在の、
最後の晩餐となりました。

空港を発着するほとんどの便が欠航

空港を発着するほとんどの便が欠航|タイのコロナウイルスの現状

空港内は、
意外なほど、多くの人で溢れていて、
さながら、年末や年始の帰省、帰国ラッシュのような雰囲気でした。

とはいえ、本来だったら飛んでいるはずの飛行機は、
多くが欠航(キャンセル)となっていました。

残りわずかとなった飛行機に多くの人が殺到し、
母国へ帰国、
というような状況だったんだと思います。

ぼくが予約していた帰りの便も、欠航になってしまい、
払い戻しの手続きをしました↓

エアアジアがコロナウイルスでキャンセル 返金申請は5分で完了
エアアジアの便がキャンセルになり払い戻しの必要がありますか?この記事では、タイ・エアアジアXの日本路線がコロナウイルスによりキャンセル、返金をした方法を詳しく解説しています。エアアジアのキャンセルと払い戻しでお困りの方は参考にしてください
スポンサーリンク

タイから緊急帰国「隔離もPCR検査もなし」スワンナプーム国際空港の様子 まとめ

以上が、
2020年3月24日深夜の、タイのバンコク・スワンナプーム国際空港から、
緊急帰国した際の様子でした。

検査も隔離もなく、
空港内にいる乗客も、スタッフの人たちも、
深刻で暗い雰囲気は、ほとんどありませんでした。

この時の様子は、動画でもご覧いただけます↓

日本に帰国した時の、羽田空港の様子は、こちらに詳しく書きました↓

追記:この時から約2年半後の2022年7月、
再びバンコクへ訪れた際の空港は、想像を超えた光景でした↓

追追記:さらにこの半年後、
2023年のタイのマスク事情に関しては、こちらに詳しく書きました↓

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました