スポンサーリンク

チャンギ空港は手荷物検査の厳しさでも世界一かもしれないので要注意

旅の準備

チャンギ空港の手荷物検査って、厳しい?
チャンギも他の空港も、セキュリティチェックの基準はどこも一緒でしょ?

そんな疑問にお答えします。

筆者は、これまで何度か、
シンガポールのチャンギ国際空港を、乗り継ぎで利用しているのですが、
その度に、手荷物検査の厳しさに驚いた経験があります。

そこで今回は、
チャンギ空港は手荷物検査の厳しさでも世界一な気がするので要注意
と題して、詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク

チャンギ空港は手荷物検査の厳しさでも世界一かもしれないので要注意

結論から言うと、
シンガポールのチャンギ国際空港の手荷物検査は、かなり厳しいです。

チャンギは世界一の空港と言われていますが、
セキュリティチェックの厳しさでも、おそらく世界一じゃないかと…苦笑

眉毛切りばさみ没収

チャンギ国際空港の手荷物検査の厳しさを感じた1回目は、
2022年夏、タイ・バンコクから成田へ向かう、乗り継ぎの時です。

上の写真のような眉毛切りばさみを、
セキュリティエリアで没収されてしまいました。
※実物はもう手元にないので、同等のものの写真です

はさみの機内持ち込みは、基本的には禁止されているのですが、

小さな眉毛きりはさみや、鼻毛きりはさみ等の化粧用はさみ、
携帯裁縫セットのはさみは持込可能

として、認められています。

機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例(国土交通省ホームページ)

なので、この眉毛切りばさみも、
これまで数々の空港の手荷物検査を、無事通過してきてのですが、
チャンギ国際空港では、

「先端が尖っているから、ダメ」

との理由で、没収されてしまいました。

かなり粘ったのですが、ダメでした。苦笑

再び、ハサミ没収

続いて、チャンギ国際空港の手荷物検査の厳しい洗礼を受けたのは、
2023年1月、成田からバンコクへ移動する際の乗り継ぎ時。

今度は、上のような工作ばさみが、没収されてしまいました。
※実物はもう手元にないので、同等のものの写真です

ハサミ類には、もうひとつ特例があって、

先端が尖っていないもので、刃体6cm以下であれば持込可能

と、こちらも国際ルールで認められています。

このはさみも、これまで数々のセキュリティチェックをくぐり抜けてきたのですが、
チャンギ国際空港では、通過不可でした。

というのも、今まで他の空港では金属部分が6cm未満ということで、
OKをもらっていました(写真①)

ですが、今回のチャンギでは、
持ち手の部分から測って、6cm未満じゃないとダメだ
とのことだったのです(写真②)

つまり、刃物になりうる部分、という解釈なのでしょう。

この時も、かなり粘ったのですが、ダメでした…苦笑

水の入ったペットボトルは、なぜか持ち込めた

チャンギ国際空港の手荷物検査の厳しさを、ご紹介しましたが、
2回目の工作ばさみ没収の時、
水の入ったペットボトルは、なぜか検査をスルーして持ち込めてしまいました。

本来であれば液体物は、
100mlまでであれば、容器に入れて、
それをさらに、ジップロックのような袋に入れる必要があり、
それ以外のものは、セキュリティチェック手前で、捨てる必要があります。

この時はうっかりしていて、
飲みかけの炭酸水を、バックのサイドポケットに入れっぱなしで、
手荷物検査に進んだんです。

その結果、前述したように、
ハサミは没収されてしまいましたが、水については何も言われませんでした。

厳しさと寛容さのバランスも、
このチャンギ国際空港は、もしかしたら世界一かもしれません。

スポンサーリンク

チャンギ空港は手荷物検査の厳しさでも世界一かもしれないので要注意 まとめ

以上、
チャンギ空港は手荷物検査の厳しさでも世界一かもしれないので要注意
というテーマで解説をしました。

チャンギ国際空港のターミナル1で、食事する場所をお探しなら、
こちらのインドベジタリアン料理店がおすすめです↓

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

旅の準備
スポンサーリンク
旅するキラーケン
タイトルとURLをコピーしました