スポンサーリンク

iPhoneカメラで16:9アスペクト比の写真を撮る方法&アプリ

iPhoneカメラで16:9アスペクト比の写真を撮る方法&アプリ旅の準備

iPhoneのカメラで、アスペクト比16:9の写真が撮りたい・・
iPhoneカメラで、16:9の写真が撮れるアプリはないの

そんな疑問はありませんか?

この記事では、

アスペクト比16:9の写真をiPhoneカメラで撮る方法&アプリ(シンプルカメラ)
というテーマで詳しく解説します。

筆者のケンは、
元グラフィックデザイナー、現在はヨガ講師のMacユーザーです。

プロフィール
キラーケンのプロフィールこんにちは。キラーケンといいます。2012年から東京・代官山のYogaJayaにて、Baseworks Practiceの指導をしています。これまでに、約20,000人近い生徒さんに指導をしてきました。YogaJay

所有物をスーツケース1個にし、家も手放し、
シンプルな暮らしを試みています。

日々の暮らしや旅の様子は、TwitterやYouTubeで発信していますので、
興味があればのぞいてみてください。

旅するキラーケン
毎週土曜日朝5時に動画を(できるだけ)公開しています。 チャンネル登録はこちらからぜひどうぞ↓ ブログも書いてます|キラーケンの旅ブログ _ 本職はヨガ講師。 詳しくはこちら↓ キラーケン メインチャンネル Twitter 公式サイト
スポンサーリンク

iPhoneカメラで16:9アスペクト比の写真を撮る方法&アプリ

16:9のアスペクト比で写真を撮りたいこと、ありませんか?

YouTubeをやってると、
切実に、16:9で撮りたいなと思うんです。

なぜなら、
YouTubeの縦横比は16:9で、
iPhone標準カメラは4:3だから。

つまり、
iPhoneカメラで撮った写真を、
YouTubeのサムネイル(タイトル画像)に使うには、
縦横比を変える必要があり、けっこう面倒なんです。

そこで、
iPhoneカメラでも16:9の写真を撮る方法はないかと探したら、
よい方法があったので、紹介いたします。

16:9の写真を撮影する2つの方法

iPhoneのカメラでアスペクト比16:9の写真を撮る方法

結論から言うと、
以下の2つの方法がおすすめ。

① シンプルカメラというiPhoneアプリを使う
② 標準カメラでの動画撮影中に、シャッターボタンを押す

このどちらかで、
iPhoneカメラでも16:9比率の写真が撮れます。

順番に解説します。

16:9で撮る方法 ①アプリ(シンプルカメラ)を使う

iPhoneカメラで、
アスペクト比16:9の写真を撮る方法、ひとつ目は、

シンプルカメラ

というiPhoneアプリを使う方法。

iPhoneだけでなく、
アンドロイドにもこのカメラアプリはあります。

ダウンロードは無料ですが、
10回以上撮影すると、広告が入ります。

課金をすると、
プロバージョンにアップグレードでき、
すべての機能が使えたり、広告非表示にできます。

シンプルカメラ高画質

シンプルカメラ高画質
開発元:KANAME OHARA
無料
posted withアプリーチ

シンプルカメラの使い方

これが「シンプルカメラ」の操作画面。

iPhoneの画面全体がカメラになり、
16:9で写真が撮れます。

動画撮影も可能です。

4K 60FPSで撮影でき、
標準カメラと比べても遜色ない解像度です。

こちらもアスペクト比は16:9。

iPhone標準のカメラアプリよりも、
若干、画質が落ちるとのレビューを見かけましたが、
ぼくには違いは分かりませんでした。

編集機能もあるので、カメラで撮ったすぐ後に、
iPhone上で画像補正や加工ができ、とても使いやすいです。

iPhoneのカメラアプリは、他にもいろいろ使ったけど、
・16:9で撮れる
・画質がよい
・操作しやすい

といった点で、
この「シンプルカメラ」は、飛び抜けた存在だと思います。

AppStore上の評価も、とても高いです。

シンプルカメラ高画質

シンプルカメラ高画質
開発元:KANAME OHARA
無料
posted withアプリーチ

16:9で撮る方法 ②標準カメラのビデオ撮影中に、シャッターを押す

iPhoneのカメラでアスペクト比16:9の写真を撮る方法、
もうひとつは、

標準カメラのビデオ撮影中に、シャッターボタンを押す

という方法です。

iPhoneの標準カメラでは、
動画撮影は16:9のアスペクト比で撮影されます。

そこで、
「ビデオ録画中の静止画撮影」という機能を、
利用するんです。

iPhone標準カメラのビデオモードを利用する方法

動画撮影中に16:9の写真を撮る方法は、
以下の通り、とても簡単。

上の画像のように、
iPhone標準カメラで動画を撮影。

右下に表示される、
白くて丸いシャッターボタンを、ポチッと押すだけ。

すると、
動画撮影は中断されずに、
静止画が16:9の比率で撮影できます。

赤いボタンを押してしまうと、
動画撮影が止まってしまうので、注意です。

撮影された16:9比率の写真は、
カメラロールに保存されています。

16:9のアスペクト比で撮れているはずなので、
確認してみてください。

画質は、
写真モードで撮影したものよりも、若干劣ります。

だけど、実際に見比べてみましたが、
違いはほとんど感じませんでした。

YouTubeのサムネイルや、ブログのアイキャッチなどであれば、
iPhoneの動画撮影を利用した方法でも、十分な画質だと思います。

ちなみに、
YouTube投稿を2年ほど続けて分かったコツについて、
こちらにこっそり書きましたので、興味があればぜひどうぞ↓

YouTube登録者1000人までの道のり 達成までにした7つの方法
YouTubeのチャンネル登録者数1000人までの道のりを知りたいですか?この記事では2つのチャンネルで1000人以上達成した方法や気をつけたことを、実体験をもとに詳しく解説しています。YouTubeの登録者数1000人を突破したい方必見です
スポンサーリンク

iPhoneカメラで16:9アスペクト比の写真を撮る方法&アプリ まとめ

以上、
iPhoneカメラで16:9アスペクト比の写真を撮る方法&アプリ
というテーマで解説をしました。

もしもYouTube投稿をしているのなら、
今回ご紹介した方法はとても重宝するはずです。

撮った写真がそのまま、YouTubeのサムネイルに使えるので。

この動画のサムネも、シンプルカメラで撮りました↓

チャンネル登録も、お忘れなく。

寝る直前までiPhoneを触ってて、夜なかなか寝られない・・
なんてことありませんか?

健康と睡眠を守るための、
おすすめのiPhoneの設定方法をこちらに書きました↓

【iPhoneユーザー必見】ブルーライトの睡眠への影響&軽減方法
ブルーライトが睡眠に与える影響について知りたいですか?この記事は、ブルーライトを軽減し睡眠への影響を抑える方法、iPhoneでブルーライトをカットするNight Shiftの設定方法などについて詳しく解説しています。ブルーライトが気になるiPhoneユーザー必見です。

記事がお役に立てば、うれしいです。

旅の準備
スポンサーリンク
旅するキラーケン
タイトルとURLをコピーしました