バンコクのおすすめゲストハウス Fun Cafe and Hostel【1泊720円】

【バンコク】チャイナタウンのゲストハウス"Fun Cafe and Hostel"がおすすめタイ

コロナ禍での、タイ・バンコク生活5日目

バンコク到着初日から6日間滞在していた、
おすすめのゲストハウスをご紹介します。

バンコクのおすすめゲストハウス Fun Cafe and Hostel【1泊720円】

ぼくがバンコク初日から生活をしていたのは、
チャイナタウンのはずれにある、
Fun Cafe and Hostelというゲストハウス。

本当におすすめでした。

Fun Cafe and HostelのFacebookページ↓

FUN Cafe and Hostel Bangkok
FUN Cafe and Hostel Bangkok、バンコク - 「いいね!」1,491件 · 2人が話題にしています · 1,316人がチェックインしました - “FUN ฝัน Café & Hostel Bangkok” SPEND ALL DAY TO PLAY AND REST A new heartm...

最寄駅は、
バンコクの地下鉄MRTのHua Lamphong(フアランポーン)駅か、
タイ国鉄のクルンテープ駅。

バンコクのチャイナタウン(中華街)はものすごく広いのですが、
その端っこに、
このおすすめのゲストハウスはあります。

Fun Cafe and Hostelへの行き方

タイ・バンコクのバスに乗る住民たち

バンコクおすすめのゲストハウス、
Fun Cafe and Hostelまで、最寄駅から6、7分です。

路線バスも走っている大きめの道路を南へ歩けば到着します。

Googleマップ片手に、
曲がる角さえ間違えなければ、迷うことはないはず。

日中は、人通りは多かったのですが、
夜になるとめっきり減っていたので、
もしかしたら、女性の一人歩きは不安に思うかもしれません。

だけどぼくは、
怖いなって感じたことは一度もありませんでした。

まあ、この時は、
コロナ禍真っ只中で、観光客がかなり少ない状況だったので、
そう感じただけかもしれません。

ちなみに、コロナ禍のバンコクの街の様子は、
こちらにくわしく書きました↓

コロナ禍のタイに入国|観光客の消えたバンコクの街は想像を絶する光景だった
コロナ禍のタイに入国した時の様子が知りたいですか?この記事では、コロナウイルスの影響で観光客が減り、ガラガラになった空港や電車や街がどんな様子だったのか、写真とともにレポートしています。コロナ禍のタイ・バンコクの街の様子について知りたい人必見

【バンコク】チャイナタウンのゲストハウス"Fun Cafe and Hostel"の玄関

ゲストハウスの玄関に到着。

この佇まいからも、
ここをおすすめしたいっていうのが、分かるでしょ?笑

Fun Cafe and Hostelという名前の通り、
1階がカフェで、2階から上がゲストハウスです。

バンコクには、
ゲストハウスとカフェが一緒になっている宿が、
かなり多いです。

Fun Cafe and Hostelの中の様子


FUN Cafe and Hostel Bangkok : Facebookより

バンコクのおすすめゲストハウス、
Fun Cafe and Hostelの室内はこんな感じ。

ぼくは上の写真のような、ドミトリーに泊まりました。

220バーツ(約726円)/1泊

各ベッドにカーテンや照明、貴重品ボックスなどがあって、
比較的プライバシーも確保できる空間です。

ぼくはこういう狭い空間、けっこう平気なんです。

屋根裏の隠れ部屋みたいでかなり楽しい。

だけど相部屋はちょっとなあ・・・
という人は、個室もあります。

ぼくはBooking.comという宿探しサイトで予約したので、
詳しくはそちらへ。

Fun Cafe and Hostelの公共スペース

【バンコク】チャイナタウンのゲストハウス"Fun Cafe and Hostel"の各フロアにあるフリースペース

バンコクのおすすめゲストハウス、
Fun Cafe and Hostelの良かった点、もうひとつ。

それは、各フロアの一角に、
こうしたフリースペースがあったこと。

毎朝、ここでヨガのポーズの練習や、
呼吸や瞑想の練習をしました。

WiFiもかなり早いので、
ブログを書いたり、ネットを使った作業もストレスなくできた。

【バンコク】チャイナタウンのゲストハウス"Fun Cafe and Hostel"の屋上

これは屋上。

ここも朝の練習場として使いました。

足の裏、
真っ黒になっちゃったけどね。

屋上には洗濯機が置いてあり、
洗濯物も干すのもここでできます。

バンコクのチャイナタウンの街並みが、見渡せます。

Fun Cafe and Hostelの1階のカフェもおすすめ

【バンコク】チャイナタウンのゲストハウス"Fun Cafe and Hostel"の1階のカフェ

バンコクのおすすめゲストハウス、
Fun Cafe and Hostelの1階はカフェになっています。

【バンコク】チャイナタウンのゲストハウス"Fun Cafe and Hostel"のロビーの吹き抜け

バンコクといえばムエタイ、ということで、
リングをイメージした空間になっていました。

吹き抜けになってて、開放感があります。

【バンコク】チャイナタウンのゲストハウス"Fun Cafe and Hostel"のカフェラテ

カフェラテを注文してみたけど、
味は、うーん・・・
ファミレスのドリンクバーのクオリティといった感じでした。

50バーツ(約165円)

ちなみに、
バンコクのショッピングセンター内の、
フードコートで食べた食事も、
まあそれなりに、という感じでした↓

サイアムパラゴンのフードコートフロアを完全レポート|タイ・バンコク
バンコクのサイアムパラゴンのフードコートフロアで食事をする方法を知りたいですか?この記事では、サイアムパラゴンのプリペイド方式で食事をする方法やその感想を、実体験をもとにレポートしています。バンコクのフードコートで食事したい方必見です。

バンコクで食事をするなら、
こちらの「ワナカーム」というレストランが超おすすめです↓

ワナカーム|タイ・バンコクの有名レストランが味も雰囲気も最高でした
タイ・バンコクの有名レストラン「ワナカーム」をご存知ですか?この記事では日本人観光客や駐在員に人気のタイ料理店ワナカームの場所やメニューや値段などを、実際に食事した感想や写真などを交え詳しく紹介しています。ワナカームに行きたい!という方必見

【バンコク】チャイナタウンのゲストハウス"Fun Cafe and Hostel"のタイミルクティ

こちらは、タイ・ミルクティー。

こちらもスーパーでパックで売ってるやつを、
グラスに注いだといった感じだった。

各50バーツ(約165円)

朝食や食べ物のメニューもあったけど、
試していません。

なので、
ゲストハウスとしてはとてもおすすめだけど、
カフェでお茶するのは、あまりおすすめしません。

バンコクにはカフェがたくさんあるので、
もっと美味しいコーヒーが飲みたいのであれば、
街中のカフェなどに行くのが良いかもです。

ぼくがおすすめしたい、バンコクのカフェは、こちら↓
ヴィーガンフードが味わえます。

プロンポンのヴィーガンカフェ”ブロッコリーレボリューション"はノマドに最適
バンコクでノマドにおすすめのカフェをお探しですか?この記事ではプロンポンのヴィーガンカフェ”ブロッコリーレボリューション"について、店内やメニューを詳しくレポートしています。バンコクでヴィーガンカフェに行きたい!ノマドワークしたいという人必見

タイ最北の街チェンライには、
安くて美味しくて、おしゃれなカフェがたくさんありました。

こちらに詳しくまとめました↓

チェンライのおすすめカフェ7選 実際に行ってよかったお店
チェンライのおすすめのカフェをお探しですか?この記事では、タイ北部の街チェンライに10日間滞在し、実際に訪れて美味しかったカフェ、居心地の良かったお店を7選、厳選してご紹介しています。チェンライに行くんだけどおすすめのカフェが知りたい方必見

Fun Cafe and Hostelのおすすめできない点

バンコクのゲストハウス Fun Cafe and Hostelのおすすめしたい点を、
いろいろとご紹介しましたが、

逆に、おすすめできない点も、いくつかありました。

それは、

▶︎バンコク・ドンムアン空港からのアクセスがやや遠い
▶︎チャイナタウンの中にあるので、本来のタイ・バンコクの雰囲気とはちょっと違う
▶︎周りにスーパーマーケットがない(セブンイレブンはあり)

といった点。

まあ、全てが完璧!なんてものはないので、
それらを差し引いても、
バンコクのゲストハウスFun Cafe and Hostelは、とてもおすすめです。

バンコク旅行の参考になれば幸いです。

バンコクのおすすめゲストハウス Fun Cafe and Hostel【1泊720円】まとめ

以上、
バンコクのおすすめゲストハウス Fun Cafe and Hostel【1泊720円】
というテーマで解説をしました。

ちなみに、このブログを書いた10日後くらいに、
バンコク市内の商業施設が、すべて閉鎖されました↓

その時の様子はこちら↓

さらに数日後、ロックダウンしそうだったため、
緊急帰国しました。

その時の空港の様子はこちら↓

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました