サイアムパラゴンのフードコートフロアを完全レポート|タイ・バンコク

タイ

タイ・バンコク生活、4日目。

今日は、いくつか買う必要なものがあり、
サイアムパラゴンへ出かけたので、
フードコートフロアを完全レポートしてみたいと思います。

 

サイアムパラゴンのフードコートフロアを完全レポート

サイアムパラゴン。

バンコク1、2を争う、
高級ショッピングセンターのようです。

 

ラスベガスのカジノを思わせるような外観。

日本・東京でいうと、
六本木ヒルズのような感じでしょうか?

 

かと思えば、道路の反対側には、
こんな古びた建物が残っていたりもします。

このギャップが、タイらしい。

 

ちょうどお昼時だったので、ランチにしたいなと思ったら、
このサイアムパラゴンの中に、フードコートフロアがあるらしい。

そこでの、注文の仕方がけっこう面白かったので、
ご紹介します。

 

サイアムパラゴンのフードコートフロアでランチ

フードコートと言っても、
こんな雰囲気。

さすがサイアムパラゴン、
高級感が漂ってる。

 

お店のブースが2、30店舗くらい並んでいまして、
各お店で注文する仕組みです。

 

美味しそうなメニューが並んだお店があったので、
注文すると、
支払いはAlipay(アリペイ)か?と聞かれた。

クレジットカードで払える?と聞いたら、
カードだけだ、とのこと。

 

カード・・・?
クレジットカードでなく?

あ!

このサイアムパラゴンのフードコートでは、
プリペイドカードにチャージして、それで支払いをする、
というのを、何かの記事で読んだのを思い出した。

 

フードコートカウンターでプリペイドカードにチャージ

サイアムパラゴンのフードコートフロアはとても広い…。

あたりをキョロキョロしてみると、
遠くの方にカードカウンターと書かれた場所があった。

ここでチャージをするらしい。

 

こちらがサイアムパラゴンのフードコートフロアの、
プリペイドカード。

 

カウンターのお姉さんに100バーツを渡すと、
こんなカードをくれました。

この中に100バーツ入ってるわけです。

 

サイアムパラゴンのフードコートで、グリルド・チキン・ビリヤニを食べる

フードコートの中の、さっきのお店に戻って、
No.3 グリルド・チキン・ビリヤニを注文。

 

90バーツ(約297円)

だから、
100バーツのチャージで足りるよね。

 

辛いソースは、自分でかけるシステム。

 

他にも美味しそうな料理が並んでます。

 

フードコートの料理のお味は?

ジャーン!

そして、受け取ったのがこちら。スープも付いてきました。

 

早速いただきます!

お味の方はというと・・・

 

うーん、
やはりフードコートの味って感じだなあ・・・

 

特に、ご飯とチキン。

ご飯は、パサっとしてて味に深みがないし、
チキンは、ジューシーさが完全に抜け切っちゃって、パサパサ。

おそらくどちらも、
冷凍されていたものだと思う。

 

あと、
料理が全然あたたかくなかった。

屋台で食べた焼き飯は、
作りたてアツアツで、すごく美味しかった↓

タイ・バンコクの屋台の値段|食事や果物の価格が衝撃的だった
タイ・バンコクの屋台での食事の値段はいくらか知りたいですか?この記事では、バンコクの屋台で食べた、朝食、ランチ、フルーツ、おやつなどの値段について詳しくレポートしています。バンコクの屋台でリーズナブルに食事をしたい!値段が気になるという方必見

 

知人に紹介してもらったレストランは、さすが!という味だった↓

ワナカーム|タイ・バンコクの有名レストランが味も雰囲気も最高でした
タイ・バンコクの有名レストラン「ワナカーム」をご存知ですか?この記事では日本人観光客や駐在員に人気のタイ料理店ワナカームの場所やメニューや値段などを、実際に食事した感想や写真などを交え詳しく紹介しています。ワナカームに行きたい!という方必見

 

サイアムパラゴンのフードコートフロアには、専門店街もある

サイアムパラゴンのフードコートと同じフロアには、
専門店が集まったエリアもありました。

上のお店は、天ぷら屋さん

 

他にも、
ラーメン屋や餃子屋さん、CoCo壱など、
日本で馴染みのお店も、たくさんありました。

 

フードコートはガヤガヤしてるので、
もうちょっと落ち着いて食べたいな、
という方は、こちらの、すぐ隣のエリアへどうぞ。

 

サイアムパラゴンのフードコートのシステムはよく出来てる

こちらのサイアムパラゴンのフードコートフロアの、
プリペイドカードシステム。

仕組みとして、なかなかうまくできてるなと思いました。

 

カードに残った残金は、
さきほどのカードカウンターに持っていけば、返金してくれます。

だけど、返金は面倒だから、
余ったお金でもう一品、何か頼もうかな?
っていう心理も働きますよね。

 

フードコートに出店しているお店側は、
いちいち現金を扱ったり、集計に労力を割かなくていいので、
コストダウンにつながる。

売り上げは、管理側がすべてまとめて行い、
後で各お店に分配されるはずなので。

 

お客側は、
お店の前でいちいち財布を出し入れしなくていい。

最初は、
どうやって買って、どうやって注文したらいいのか迷うけど、
慣れちゃうとかなり楽。

 

といったように、
このサイアムパラゴンのフードコートの方式は、
それぞれにメリットのある、面白いシステムだなと思いました。

 

サイアムパラゴンのフードコートフロアを完全レポート|タイ・バンコク まとめ

以上、
サイアムパラゴンのフードコートフロアのレポートでした。

お味は、フードコートだな、という感じでしたが、
屋台は衛生的に不安…という方は、
とても便利に、安心して食事が楽しめるかなと思います。

お値段は、屋台より高めです。

 

この記事を書いた数日後に、
このサイアムパラゴンを含めた、バンコク市内の商業施設が閉鎖されました。

人が完全にいなくなった街の様子を、レポートしてみました↓

 

バンコクで、ビーガンカフェをお探しでしたら、
こちらがおすすめです↓

プロンポンのヴィーガンカフェ”ブロッコリーレボリューション"はノマドに最適
バンコクでノマドにおすすめのカフェをお探しですか?この記事ではプロンポンのヴィーガンカフェ”ブロッコリーレボリューション"について、店内やメニューを詳しくレポートしています。バンコクでヴィーガンカフェに行きたい!ノマドワークしたいという人必見

 

自炊派の方へ。
バンコクのスーパーマーケットはこんな感じでした↓

バンコクのマックスバリュで重曹を購入|プラカノンのスーパーマーケット
タイ・バンコクにも、スーパー[マックスバリュ]があるのを知ってますか?この記事ではイオンが運営するスーパー、マックスバリュMaxValuで買い物をした様子を詳しく書いています。タイ・バンコクのスーパーで買い物したい人は必見です。

 

以上、本日も食レポブログ(←開き直り)をお読みいただき、
ありがとうございました。

みなさま健康な1日を!

タイトルとURLをコピーしました