スポンサーリンク

チェンライのヴィーガンレストラン「OASIS」が本当にオアシスだった

チェンマイのヴィーガンレストランOASISのベジタリアン料理タイ

チェンライでヴィーガンレストランに行きたい
チェンライの、おすすめのヴィーガンレストランってどこ?

そんな疑問にお答えします。

筆者は、2021年8月に、タイ北部の街チェンライに10日間ほど滞在。

筆者は、ヴィーガンやベジタリアンではありませんが、普段からあまり肉はあまり食べません。

なので、ここチェンライでもヴィーガンのお店を探したところ、とてもよいお店を見つけ、毎日のように通っていました。

そこで今回は、
チェンライのヴィーガンレストラン「OASIS」が本当にオアシスだった
と題して、どういったお店か、詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

チェンライのヴィーガンレストラン「OASIS」が本当にオアシスだった

チェンライで見つけた、おすすめのヴィーガンレストランは、OASISというお店です。

OASISの場所

場所は、チェンライバスターミナル1や、ナイトマーケットのすぐそばです。

地図はこちら↓

お店の外観はこんな感じ。

黄色に赤い文字の横断幕が目印。

ただし、まあまあ入り組んだ路地の奥にあるし、あまりお店っぽい佇まいでもないので、ちょっと見つけづらいかもしれません。

実際に筆者は、初めて訪れた時は、2回くらいお店の前を通り過ぎてしまいました。

メニュー

チェンライのヴィーガンレストランOASISの店内には、壁に写真付きのメニューがたくさん貼ってあったので、それを指差して、簡単に注文することができました。

料理は、こんな感じでショーケースに並んでいました。

美味しそうな、鮮やかな野菜たち。

こちらはカレーたちでしょうか?

茶色いコーナー。

肉っぽく見えますが、ヴィーガンレストランなので肉はありません。

大豆メートとか、そういったものたちでしょうか。

ちなみに、写真上部にPlease Self Serviceと書いてありましたが、お店の人が料理をよそったりしてくれました。

その右側には、Pay First Thank You(先払い)とも書いてありましたが、お金は、食事を済ませて店を出る時で、まったく問題ありませんでした。

他のお客さんも、そうしていました。

チェンライのヴィーガンレストランで食べた料理

チェンライのヴィーガンレストランOASISで食べた料理は、こちら。

野菜スープと、右側にちょこっと見えるのは、野菜入りの玄米ごはんです。

若干、体調を崩しぎみの時だったので、あさっりめの味付けのあたたかいスープが、身体中に染み渡っていきました。

これは、他の日に食べた、野菜のパスタ。

こちらは逆に、しっかり目の味付け。

野菜が、種類も量も、ふんだんに使われていて、本当に満たされました。

タイ料理でもない、イタリアンでもない、不思議な美味しさでした。

テイクアウトにも対応してもらえました。

ナスと豆腐が、玄米の上にかかったやつ(たしかそんな感じ)。

宿にもって帰るまでに、揺れてしまって、見た目はこんなんですが、これも本当に美味でした。

肉厚のナスのモキュモキュした感触と、玄米のプチプチが、絶妙なバランスを醸し出していました。

タイの街中を歩いていると、上の写真のような 齋(ジェー)と書かれたお店や商品を、よく見かけます。

これは、菜食、ベジタリアンという意味で、もともとは中国仏教の殺生を慎む習慣が、タイにも根付いたものだそうです。

なので、ヴィーガン料理のお店を探したい時や、野菜中心の食事がしたいときなどは、この文字を目印にするとよいかもしれません。

スポンサーリンク

チェンライのヴィーガンレストラン「OASIS」が本当にオアシスだった まとめ

以上、
チェンライのヴィーガンレストラン「OASIS」が本当にオアシスだった
というテーマで解説しました。

チェンライを訪れる機会があれば、ぜひ行ってみてください。

チェンライ市街のおすすめのカフェは、こちらに詳しく紹介しました↓

チェンライのおすすめカフェ7選 実際に行ってよかったお店
チェンライのおすすめのカフェをお探しですか?この記事では、タイ北部の街チェンライに10日間滞在し、実際に訪れて美味しかったカフェ、居心地の良かったお店を7選、厳選してご紹介しています。チェンライに行くんだけどおすすめのカフェが知りたい方必見

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイ
スポンサーリンク
旅するキラーケン
タイトルとURLをコピーしました