スポンサーリンク

チェンライの青い寺が想像以上に青かった|ワットロンスアテン(ブルーテンプル)

チェンライの青い寺が想像以上に青かった|ワットロンスアテン(ブルーテンプル)タイ

チェンライに、青い寺があるってほんと?
チェンライの青い寺って、ほんとうに青いの?

そんな疑問にお答えしましょう。

筆者は、2022年夏にタイ北部の街チェンライに10日間ほど滞在しました。

その際、訪れた青い寺が、予想以上に青かったので、そのぶっ飛び具合を、
チェンライの青い寺が想像以上に青かった|ワットロンスアテン(ブルーテンプル)
と題して、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

チェンライの青い寺が想像以上に青かった|ワットロンスアテン(ブルーテンプル)

チェンライの青い寺は、ちゃんとした名前は、ワットロンスアテンというそうです。

タイの首都バンコクの正式名称は、
クルンテープ・プラマハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロックポップ・ノッパラット・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット
というそうなので、この青い寺も、本当はもっと長い名前かもしれません。

場所はこちら↓

チェンライ中心地から北へ向かい、コック川を越えたところに青い寺はあります。

青い寺は本当に青かった

チェンライの青い寺、ワットロンスアテンがどのくらい青かったか? もったいぶらずにお見せしましょう。

こちらです↓

これは、本堂の中の御本尊。

お釈迦様も、ほんのり青かった。

こちらは、本堂の外観。

ちょうどスコールが降ったあとで、水たまりに青い寺と青い空が映り込み、すべてが青く見えました。

青い寺の入り口

ちょっと時間を巻き戻して、チェンライの青い寺の入り口から、順番に見ていきましょう。

お寺の近くの道路には、青い寺はこっちだよ、という矢印看板が立っていました。

上のロゴと矢印は、どうやら近所のバーのもののようなんですが、ここは青にしてほしかった。

2、3分走ると、青い寺の入り口が。

後で分かったのですが、こちらはどうも、裏口のようでした。

門柱の台座には、なんとドクロがいっぱい。

一番下にもドクロ。

どことなく愛嬌があります。

青い寺の境内

裏口から境内へ入ると、早速青い寺の建物が。

青いだけじゃなくて、金色でもありました。

至るところに神様がいて、彼らもかなり青い。

牙をむいた龍もいました。

こちらは本堂の正面。

夕日をバックに、お寺と龍のシルエットが青く燃え盛る炎のようで、この光景には思わず声が出てしまいました。

このスロープを上がると、チェンライの青い寺の本堂。

真ん中に敷いてある絨毯(人工芝?)は、ぜひとも青にしてほしかった。

スロープを上がると、くつ脱ぎ場。

うん、やっぱり青にしてほしかった。

本堂の中。

柱も青いです。

天井はさらに青かった。

外には、お釈迦様と、その弟子たちが座っていました。

ちなみに、お釈迦様って、ブッダとか釈尊とか、いろいろ名前がありますが、その違いをご存じでしょうか?

こちらに詳しく書きました↓

釈迦と仏陀(ブッダ)と釈尊の違い|本名はゴータマ・シッダールタ
釈迦と仏陀(ブッダ)と釈尊の違いを知りたいですか?この記事では今から約2500年前に実在したゴータマ・シッダールタがなぜ、釈迦や仏陀、釈尊と様々な名前で呼ばれるのかについて、ヨガ・瞑想講師が詳しく解説します。釈迦と仏陀の違いが知りたい人必見

チェンライの青い寺の正門。

右の像は、牛。

左の像は、虎でした。

猫もいました。

うさぎもいましたよ。

青い寺の売店

お土産コーナーがありましたが、ほとんどやっていませんでした?

夜、開くのかな?

願いが叶うコーナーもありました。

おそらくこの金色の紙(紙じゃなくてアルミのような金属でした)を買って、それに願い事を書いて、後ろの箱に入れると、願いが叶うよ的なものだと思います。

占いコーナー

売店の片隅に、うさんくさいガイコツ占い師もいました。

ずーっと、でかい声で何かしゃべってて、境内中に響き渡っていました。

懐かしい感じの、ルーレット占いみたいなのがあったので、やってみました。

20バーツ札を機械の中に入れたんですけど…
音はするけど、ルーレットは回らず。

仕方ないので、適当に数字を選んで、おみくじをもらいました。

タイ語だけでなく、中国語と英語でも書いてありました。

Google翻訳で訳してみたところ、
あなたは今、大変な状況にいるかもしれないが、大丈夫、あなたは勝つだろう
みたいなことが書いてありました(たぶん)。

タイ北の地、チェンライの青い寺でいただいた、ありがたいお言葉。

コップンクラッ(ありがとうございます)

トイレ

そして、チェンライの青い寺は、トイレもすごかった。

なんと、ディズニーランドばりに、煙(湯気?)の演出が施されていました。

といった感じで、見どころ、つっこみどころ満載の、チェンライの青い寺ワットロンスアテンでした。

チェンライ中心地からこの青い寺までは、歩くとちょっと遠いので、自転車で行ってみてはいかがですか?

おすすめのレンタル自転車はこちらです↓

スポンサーリンク

チェンライの青い寺が想像以上に青かった|ワットロンスアテン(ブルーテンプル) まとめ

以上、
チェンライの青い寺が想像以上に青かった|ワットロンスアテン(ブルーテンプル)
と題して、紹介いたしました。

青い寺を訪れた時の様子は、動画にもしていますので、ぜひご覧ください↓

チェンライで、仏教的な菜食の食事をしたいなら、こちらのベジレストランがおすすめです↓

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイ
スポンサーリンク
旅するキラーケン
タイトルとURLをコピーしました