スポンサーリンク

タイ滞在45日間延長には、どんな手続きが必要なのか?ノービザ入国

タイ

タイのノービザ入国が、45日間滞在に延長されたけど、どんな手続きが必要なの?

そんな疑問にお答えします。

タイへノービザで入国した場合、滞在可能なのは、これまでは30日間だったのですが、
2022年10月1日~2023年3月31日までは、45日間に延長されています。

筆者のケンは、現在(2023年1月)、
タイに1ヶ月(30日)以上、滞在する予定で来ております。

45日間延長に際して、事前の手続きが必要なのかどうか、
どこにも書かれていなかったので、
まあ大丈夫だろうとは思いながら、若干不安でもありました。

なので、誰かの役に立てばと思い、実体験を記録しておこうと思います。

スポンサーリンク

タイ滞在45日間延長には、どんな手続きが必要なのか?ノービザ入国

タイのノービザ滞在が45日間に延長されたことに関して、
事前にどんな手続きが必要なのか?

結論から言うと、
手続きは何も必要ありません。

タイへの入国審査の際に、
「あなたは何日まで滞在可能ですよ」という期日が、
パスポートに記入されるからです。

45日後の日付はパスポートに記載される

タイの45日間延長は、
どのように記載されるかというと、こんな感じ↓

上の赤い文字が入国日:2023年1月12日
下の青い文字が滞在可能期日:2023年2月25日

計算すると、確かに45日になっています。

ちなみに、2022年8月にタイに来た時のスタンプはこちら↓

入国日:2022年7月27日
滞在可能期日:2022年8月25日

タイのビザなし入国45日間延長は、
2022年8月19日の会議で決定したそうなので、
この時ぼくが入国した時点では、まだ滞在可能日数は、30日間でした。

こちらも計算すると、
たしかに、30日後になっています。

45日間延長の注意点

タイへのノービザ滞在45日間に延長に関して、注意したいのは、
45日とは、いつからいつまでか?ということ。

結論から言うと、44泊45日となります。

つまり、入国した日を含めて45日後まで滞在可能。

入国日が1日目。翌日が2日目、というふうに数えていって、
45日目までは滞在してていいですよ、ということです。

スポンサーリンク

タイ滞在45日間延長には、どんな手続きが必要なのか?ノービザ入国 まとめ

以上、
タイ滞在45日間延長には、どんな手続きが必要なのか?ノービザ入国
というテーマで解説しました。

滞在可能日数が、45日に増えると、
バンコクだけでなく、地方にも足を伸ばしやすくなりそうです。

タイ北部の街チェンマイを、自転車で観光、なんていかがですか?

おすすめのレンタル自転車はこちらです↓

旅するキラーケン |
所有物をスーツケースひとつにしたヨガ講師が、適当に旅をして暮らす様子を綴っているブログです。観光地にはほとんど行かず、泊まるのは主にゲストハウスです。

さらに北の街、チェンライを、
自転車で一周した時の動画はこちら↓

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイ
スポンサーリンク
旅するキラーケン
タイトルとURLをコピーしました