安い&ヘルシーな弁当屋。東京駅大丸デパ地下「佃浅」の惣菜が超おすすめ

東京駅大丸地下「佃浅」70食限定の3品選べる弁当は本当におすすめ日本

東京駅で安くて美味しくてヘルシーなお弁当を探している
東京大丸デパ地下のおすすめの弁当が知りたい

そんな疑問にお答えしましょう。

筆者は国内外を問わず頻繁に旅に出るのですが、食事は楽しみな反面、ちょっとひと苦労でもあるんですよね。

というのも、添加物や化学調味料はできるだけ摂りたくない。

なので旅先で、どこで何を食べるかがなかなか決まらなかったりするのです。

もちろん、ある程度の金額を出せばいいもの食べられるかもしれないけど、旅の経費はできるだけ抑えたい。

そんな、安くて健康的な食べ物を食べたいという筆者のわがままを叶えてくれるおすすめのお弁当屋さんが、東京駅にあります。

そこで今回は、安い&ヘルシーな弁当屋。東京駅大丸デパ地下「佃浅」の惣菜が超おすすめと題して、詳しくご紹介いたします。

安い&ヘルシーな弁当屋。東京駅大丸デパ地下「佃浅」の惣菜が超おすすめ

東京駅の安くて美味しいヘルシーな弁当屋さんは「佃浅(つくあさ)」さんと言います。

場所は、大丸のデパ地下一階ほっぺタウンの中。地図はこちら↓

3品チョイス弁当

おすすめしたいお弁当の名前は、大丸東京店名物3品チョイス弁当

しかもこのお値段!

東京駅のお弁当ランチで、この価格はかなり安いでしょ?
※上の写真は2021年撮影なので、現在は値段が変わっているかもしれません

1日70食限定で、13時ごろには売り切れることが多いらしいので、食べたいよという方は、早めに行かれるといいかもです。

お店の前にいくと、ご飯と付け合わせだけが入った弁当容器が積まれているので、まずはそれを手に取ります。

ご飯は2山になっていて、1つは昆布の佃煮が載っています。

もうひとつは、ゆかりご飯かひじきご飯が選べます。

ショーケースの中に、美味しそうなお惣菜が20種類くらいズラーっと並んでいるので、この中から3品チョイス。

一部、チョイス対象外のものもあります。

これらのお惣菜は、近隣の市場や契約農家から厳選した国産原料を、地下2階にある厨房ですべて手作りしているそうです。

新鮮で安全で健康的なお弁当

筆者が選んだ、ある日のお弁当がこちら。

左上から、
鳥の照り焼き ひじきご飯 豆腐ハンバーグ
付け合わせ  昆布ご飯  ニシンの酢漬け

旬の一番美味しい素材を全国から仕入れているそうなので、とても季節感が感じられます。

これは別の日に食べたお弁当。

鳥のレバー ゆかりご飯 ナスの煮浸し
付け合わせ 昆布ご飯  蓮根の挟み揚げ

今の時代、お惣菜は買うのが当たり前になってしまったけど、本来は各家庭で作っていたもの。

なので、台所で作るのと同じように作りたいという想いから、皮むき等の下処理からすべて自社で行なっているそうです。

100年以上の歴史

この佃浅さんは、明治17年、東京大森に佃煮屋さんとして創業したそうです。

大正12年には百貨店に佃煮店を出店。

その後惣菜部門を立ち上げて、現在に至るそうです。

この東京大丸店以外にも、東京都内、関東を中心にデパ地下に6店舗、駅近駅ビルに4店舗があるみたいです。

3品チョイス弁当は東京大丸店のみの販売のようですが、お惣菜は本当に安くて美味しいのでほんとうにおすすめします。

佃浅さんのWEBサイトはこちら↓

【公式】佃浅商店ホームページ – 明治十七年創業老舗の惣菜屋「つくあさ」

安い&ヘルシーな弁当屋。東京駅大丸デパ地下「佃浅」の惣菜が超おすすめ まとめ

以上、安い&ヘルシーな弁当屋。東京駅大丸デパ地下「佃浅」の惣菜が超おすすめというテーマでご紹介しました。

佃浅さんの3品チョイス弁当の購入シーンと食レポは、こちらの動画でご覧になれます↓
※クリックするとすぐにその場面から始まります

他にも旅の様子をたくさんアップしています。

よろしければチャンネル登録していただけますと大変うれしいです↓

キラーケン 修行の旅
所有物をスーツケース1つだけにしました。 本職はヨガ講師。 年々おかしさが増していくこの日本で生きていくのがちょっとしんどく(バカらしく)なってしまい、長年暮らした東京の自宅を引き払い、海外放浪の旅を始めたのが2020年3月。 最初の訪問先はタイでしたが、滞在中に感染症騒ぎが大きくなり飛行機が次々欠航。首都閉鎖前日にか...

美味しくてヘルシーな弁当は自分で作りたいという方は、埼玉県飯能市にある野口のタネさんがおすすめです。

訪れた時の様子を、こちらに詳しくレポートしました↓

最後までお読みいただき、ありがとうございました。