スポンサーリンク

大崩海岸を自転車で激走|東京から名古屋まで国道を走らず行ってみた[4日目]

日本

東京から名古屋まで自転車で、国道を走らず行ってみる旅[4日目]

今日はどこまでたどり着けたかな?

どんな1日だったのか、今日も写真で振り返ってみます。

ちなみに、1〜3日目のブログはこちらです↓

沼津・由比・清水の海岸線を自転車で爆走|東京から名古屋まで国道を走らず行ってみた[3日目]
沼津・由比・清水を自転車で走った様子を知りたいですか?この記事では、東京名古屋自転車旅の3日目、沼津から、由比、薩埵峠を通って清水までを自転車で旅した様子を、写真を交えて詳しくレポートしています。東京名古屋を自転車で走ってみたい人必見です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大崩海岸を自転車で激走|東京から名古屋まで国道を走らず行ってみた[4日目]

今日の出発地点は、静岡県清水の、ホテルマイステイズ清水さん。

快適な眠りをありがとうございました。

この旅の中で、一番、熟睡した夜でした。

体調、ばっちり!体も思考も、軽い!

朝食

今日の朝ごはんはこちら。

バナナは1本、常備食にしました。

お腹が空いたら、すぐに食べられるように、
旅の間は、つねに食べ物をバッグに忍ばせておくことにしました。

ハンガーノック対策!

ちなみに、今回の自転車旅の装備や持ち物は、こんな感じでした↓

県道407号

今日も、国道は走りません、走れません(泣)

まずは県道407を西へ進みます。

バイシクルわたなべ

この旅は、Googleマップをよく使うんです。

というか、それがなかったら、まったく前に進めません。

いままでは、iPhoneをお尻ポケットに入れて、確認するたび&写真を撮るたびに、取り出してたんだけど、片手運転になっちゃって、超危ない!

ということに、4日目にして、ようやく気がつき(遅い!)、こちらの「ハンドルに取り付けられるマシーン」を、ついに導入いたしました。

バイシクルわたなべさん。

丁寧に商品の説明をしてくださったり、工具を貸してくださったりして、本当にありがとうございました!

iPhoneがハンドルのところにあると、超快適!

充電ランチ

あと、今日は朝から、やっちゃったなあ…なできごとがありまして、

昨日、疲れて布団に入り、そのまま熟睡できたのはいいんですが、朝目覚めてたら、iPhoneが真っ暗!

充電を忘れてた…

出発までに、ホテルの部屋で急いでチャージしたんだけど、まだまだ不十分なので、どこかで充電しなければ。

そんな中見つけたこちらのお店。

聞くと、充電席あるらしい。

よろしくお願いします!

ハンバークのかぼちゃマスタードがけ定食 1,350円

優しいお味で美味しかった!

充電もできて、iPhoneも、これでしばらく大丈夫。

決断

さあ、今日は、ちょっと大きな決断が必要なんです。

このあと、南ルートをとるか、北ルートをとるか。

①は、海沿いを走る。だけど、断崖絶壁の幅の狭い道を行くコース。

車の交通量が多いと、かなり危険とのこと。

②は山の方。

国道を走らない場合、途中から峠道になる模様。

さあどうする…? 答えはこうだ! イヤォ!

すごく迷ったのですが、海ルート、①の方を選びました。

本当は、昨日の夜から、山の方だろうな、と考えていたんですが、本当に直前、ランチを食べてる最中に、やっぱ海に行こう、と思いました。

理由は、なんとなく、というしかないんですが、もう峠道はいいかな、というのが正直なところ。

同じ、辛い、怖い、大変だ、というなら、これまでと違った、海で味わう方がいいかなあと。

大崩海岸

時刻は14:00ごろ。

その、大崩海岸のてっぺんからの風景を、縦パノラマでお楽しみください。

海は大きいなあ。

こちらの大崩海岸ルートを選んで、とてもよかった。

平日の昼過ぎ、という時間帯のせいもあるのでしょうか?車の交通量がとても少ない。

怖い思いは、まったくしませんでした。

坂道も、それほどきつくなく、距離も1kmくらいなのかな?

一度も自転車を降りることなく、ずっと漕ぎ続けられました。

向こう側から走ってきた外国人の自転車乗りに、「おう!」って声をかけられました。

本当に「おう!」って言ったの。

とっさに「ウィー」って返していました。

焼津

大崩海岸を超えた先の焼津の風景。

川の向こうは海です。

かつおぶしの香りが、街中にただよっていました。

というか、ちょっと発酵したような、ナンプラーのような、香りでした。

お腹すいた。

ミニストップ

時刻は16:00ごろ。

1〜2時間おきくらいに、休憩をとることにしているので、ここらでストップ。

ミニストップ。

ミニストップといえば、ソフトクリーム。

何年ぶりだろうか。

ここで、今日の宿を予約。

本当は、浜松まで行ければいいけど、ちょっと厳しいか。

それより少し手前の、磐田にしよう。

そうしよう。

ここから宿までは、およそ3時間くらい。

再び海岸

休憩後向かった先は、またしても海。

17:00ごろ。

海沿いを走る国道より、さらに海側に、車の通れない散歩どうみたいなのがあって、そこをスイスイ。

夕焼けがとても綺麗だった。

海って、写真を撮りたくなるよね。

だから、撮ったよ。

なんて、のんきなことを言ってたら、またしても悲報が…

17:00をすぎると、途端に当たりが真っ暗になるんですよ。

そこで、Googleマップが、さらに欠かせなくなるんですよね。

で、ずっと付けっ放しにしてたら、とうとう、充電が1%になってしまっていました。

ぎゃあああ!

おそらく、宿まではあと2、3時間かかりそう。

このままでは、もたないのは確実。

さて、どうするか…

コンビニに行けば、大抵のことはなんとかなるんじゃないか?(本当か?)

セブンイレブン

というわけで、セブンイレブンへ。

入ると、左手にイートインコーナーが。

キョロキョロ見回したり、下を覗き込んでも、電源は…ない?

店長さんらしき方に相談。

すると、お客さん用のはないんですけど、お店用のコンセントをつかっていいですよ。

フル充電してってください(ニコッ)、と!

うわあああ、ええ人やあ!

時刻は18:30

というわけで、お礼として、今日の夕飯は、セブンイレブン定食に決定!

左から、
きのこのクリームスープ
熟成炙りたらこおにぎり
ゆでたまご
ほうじ茶

涙が出るほど、うれしかった。

ゆでたまごは、涙のせいか、ちょっぴり塩味がしました。(たぶん、もともとうっすら塩味がついてる)

ここから磐田駅前の宿まで、およそ1時間半くらい。

暗い夜道を、ふたたびGoogleマップをガン見しながら、(というか、見ながらじゃないと、本当に進めない)ペダルをこぐ、筆者。

宿に到着

そしてなんとか、宿に到着。

部屋に入った時刻は、22:11。

入室後、真っ先にやったことは、もってる機材、ぜんぶ充電!

もう、これが第一優先だね。

そしてシャワーを浴びて、このブログを書いてます。

ブログ書くまでが、この1日の旅…、とはいえ眠い…

なので、いつもおもしろくまとめられなくてすみません。

スポンサーリンク

大崩海岸を自転車で激走|東京から名古屋まで国道を走らず行ってみた[4日目]

以上、
大崩海岸を自転車で激走|東京から名古屋まで国道を走らず行ってみた[4日目]
と題して、レポートしました。

さあ、明日たどりつくのは、どこでしょう?!

自転車旅4日目の様子は、動画でも見られます↓

次回はいよいよ、この旅の最終回。
感動のフィナーレの様子は、こちらでどうぞ↓

追記:この時から約1年後、同じ自転車で、今度は日本一周してみることにしました。

旅の様子はYouTubeでご覧になれます↓

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

日本
スポンサーリンク
旅するキラーケン
タイトルとURLをコピーしました