スポンサーリンク

タイのフードコートで化学調味料や添加物不使用の食事をする方法

タイ

タイのフードコートで食事したいけど、添加物は摂りたくない…
タイの食事は化学調味料がかなり使われているらしいけど…

そんな不安にお答えします。

筆者のケンは、ヨガの練習を長いことしていまして、
その結果、食生活も以前とは大きく変化してきました。

どんな食生活をしているかは、こちら↓

https://trip.kennakagawa.com/immunity-fermented-food/

たびたびタイに長期滞在することがあるのですが、
タイの食事は、添加物や化学調味料が、かなりの割合で使われています。

フードコートや屋台など、値段の安い食事はなおさら。

今回、タイのフードコートで食事をした時に、
化学調味料を摂らずに済む、なかなかいい方法を思いついたので、
シェアしたいと思います。

スポンサーリンク

タイのフードコートで化学調味料や添加物不使用の食事をする方法

タイのフードコートで、化学調味料や添加物不使用の食事をする、
おすすめの方法は、以下の2つ↓

①サラダバー形式の店で食事する
②その場で調理する店を選ぶ

それぞれ順番に、詳しく解説します。

①サラダバー形式の店で食事する

タイのフードコートで、化学調味料や添加物不使用の食事をする方法の1つ目は、
サラダバー形式の店で食事をすることです。

そうすれば、化学調味料が使われていないであろう食べ物だけを、
自分の目で選んで、食べることができるからです。

上の写真のようなお店が、
どのフードコートにも、おそらく1軒はあるはず。

ぼくが今回訪れたのは、
チェンマイ空港近くにある「セントラルプラザ エアポート」のフードコート、
SALAD BAR JAO PHAYAというお店。

こんな感じで、
・生野菜/温野菜
・フルーツ
・豆類
・穀物類

などが、ずらっと並んでいました。

サラダバーとのことなので、肉類はなし。

食べたいものを、好きなだけお皿に盛って、
重さで値段が決まるシステムとのこと。

Googleで翻訳してみると、こんな感じ。

1kgで150バーツなので、
100g=15バーツということでしょうか。

はかりに乗せると、重さと料金が表示されます。

ぼくは45バーツでした。
※写真ではなぜか、違った重さと料金が表示されていますが。

そして、ぼくが盛り付けたお皿はこんな感じです↓

どうですか?美味しそうでしょう。

タンパク質は、豆類とゆでたまご。

穀物は、なぜかお米はなく、
はとむぎのようなものが、2、3種類ありました。

サラダバーだけでなく、
すでに作られているラップサンドもずらっと並んでいました。

美味しそうでしたが、
化学調味料が使われているかどうか確認できないので、
今回はパス。

あと、注意点としては、ドレッシング

このサラダバーには、ドレッシングが10種類以上、ずらっと並んでいましたが、
おそらく化学調味料や砂糖が、たっぷりと使われていると想像できます。

なので、おすすめは、
マイオイルとマイ塩をもち歩くとよいですよ。

そうすれば、最小限の調理がされた食べ物さえ入手できれば、
自分で味付けをして、食事ができます。

ぼくは、いつも、岩塩とオリーブオイルを、
小さな小分けの容器に入れて持ち歩いています。

とはいえ、味付けされていない野菜や豆類が、
どんなふうに栽培や加工がされているかまでは確かめられません

なので、農薬や添加物等を、完全に除くことはできないとは思いますが、
この方法であれば、
可能な限り、より安全に食事ができるのではないでしょうか?

②その場で調理する店を選ぶ

タイのフードコートで、化学調味料や添加物不使用の食事をする方法、2つ目は、
上の写真のように、その場で調理する店を選ぶことです。

そうすれば、
「化学調味料を入れないでください」とリクエストができるからです。

こんな感じで、すでに調理されている料理だと、
この中から、化学調味料を抜いてもらうことは不可能ですもんね。

化学調味料を抜いてもらう言い方は、簡単で、
「No AJINOMOTO」で通じます。

フルーツジュースやスムージなどで、砂糖やシロップを入れて欲しくない時は、
「No Sugar」「No Syrup」でOK。

タイ語でいう場合は、
「マイサイ ポンチューロット」と言うそうです。

マイサイ=入れない
ポーンチューロット=化学調味料

こちらのブログに、詳しく書かれていたので、
参考にしてみてください↓

タイ語:料理のカスタムオーダー|Nokkeaw(タイ語講師)|note
こんばんは!生徒さんと話してて思い出したのですが、タイ人は屋台やフードコートで料理を注文する際に自分の好みに応じて味付けや具材をカスタムして注文するのが一般的です。たとえばソムタム一つとっても「甘酸っぱくしてほしい」とか「ピーナツ抜きで」とか実に人それぞれです。ちなみに私はバンコクスタイルの「ソムタム・タイ」も好きです...

タイのチェンマイで、甘いもの食べたいけど人工甘味料がなあ…という方は、こちらのお店がおすすめです。

自然な甘さのかき氷が食べられます↓

スポンサーリンク

タイのフードコートで化学調味料や添加物不使用の食事をする方法 まとめ

以上、
タイのフードコートで化学調味料や添加物不使用の食事をする方法
というテーマで解説をしました。

タイの屋台の食事は、化学調味料は気になるけど、
やっぱりあの雰囲気と安さは魅力的。

タイの屋台では、何がいくらで食べられるのか?
こちらが参考になれば↓

タイ北部の街チェンマイに行くなら、こちらのヴィーガンレストランがおすすめです↓

タイで、日本でもお馴染みの発酵食品を食べたい場合は、
こんなものが入手可能でした↓

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイ
スポンサーリンク
旅するキラーケン
タイトルとURLをコピーしました